カウンセラー・セラピスト・コーチの自宅サロン開業レッスン

お客様に愛される自宅サロンができるまで~準備編③-2「自宅サロンならではのターゲットの決め方」~

Pocket

先日書かせていただいた
「自宅サロンならではのターゲットの決め方」
もうご覧いただけましたでしょうか?
もしまだの方がいらっしゃれば是非こちらからお読みください。

前記事のおさらい

 

・全ての人にやさしいサロンを個人で運営するのはかなり難しい事

・あなたの自宅サロンをお客様から愛される「特別な場所」にするためには
あなたがどういう人に向けて特別なサービスを提供するのかを「決める」事が
非常に重要

・ターゲットを決めるのに重要なポイントは「業種の違い」「マンションか一軒家かの違い」
があるがこれは自宅サロンならではの視点で考えてみよう

 

という事を書かせていただき、今日はその続きです。

それでは引き続きまずはこの文章を見てください。

 

******************************

自宅でネイルサロンをOPENしたいと考えているAさんを例に考えてみましょう。

Aさんの自宅は駅から徒歩8分の一軒家。

自宅の1室を使ってネイルサロンを開業することにしました。

*******************************

271f58088fdf3aa7536bde3dff088024_s

 

このたった2行の情報でも からわかるポイントの③と④を今日はご紹介します。

具体的にターゲットを決めるときに考慮したいポイントをみてみよう

 

③立地条件

 

①でも少し触れましたが、この立地条件は独立して一つのポイントにあげられます。

「うちは駅から近くないから自宅サロンは無理ですよね」

というお声をよく頂きます。

しかし、冷静に考えて実際の所はどうでしょうか?

上の例文には駅から「徒歩8分」と書いてあります。

しかしその地域の人が車で移動する人が多ければ

ポイントは駅からの距離ではなく、

お客様用の駐車場があるか?43dc98fdf111a0f261b07fcaff11f935_s

(マンションなどの場合はかならず管理会社に確認をしましょう)

ない場合は提携駐車場などを用意するか

近くのコインパーキングを使ってもらうか

という目で自宅の立地条件を見直すことが必要です。

 

用意できる駐車場もない、近くにコインパーキングもない。。

そのような立地条件にあっても送迎サービスをつけて

運営されている自宅サロンをいくつも知っています。

 

しかし、あまり無理をしても続きません。

一方駅が近い場合には、徒歩でのご来店が期待できますね。

ご自宅の徒歩圏内にある商業施設、学校、その他特徴的な施設があれば

そういった施設を利用するような方をターゲットにするという方法もあります。

 

④サロンスペースの確保

「自宅の一室」を使ってサロンをする。

その自宅はもちろんあなたの自宅だと思うのですが、

そこを自宅としているのは「あなた」だけですか?

 

おひとり暮らしの方は「あなた」だけ、かと思いますが

それ以外にもそこを「自宅」とされるご家族がいる方もいらっしゃいますね。

a0a2aa911d8eaefd5c48feae07741421_s

(ご家族が入ろうと思ってもつい躊躇してしまう・・・避けられるならば避けたいですよね)

 

「一室」はサロンとして専用に使えるのか?

お客様をお待たせするスペースは専用?

洗面所、トイレは専用?

入口から出口までで、ご家族と共有されるスペースはありませんか?

 

すべて専用で用意できるというのはかなり限られていると思います。

しかし専用のスペースが多ければ多いだけ

「他の人の目を気にすることなくリラックスできるサロン」を

望まれているお客様にはかなり重要なポイントを満たしているといえます。

 

しかしだからといって

「家には小さい子もいるし、別の部屋で遊ばせてはいるけど

施術スペース以外はほぼ家族と共用スペースだから

自宅サロンは無理かしら・・・」

となるかというと、必ずしもそういう訳ではありません。

 

例えば子育て中のお母様がターゲットであれば、

例えばお子様連れを可として、

ご自宅のおもちゃを貸出するなどのサービスを加えたりするなどすれば

「子どもがいても遠慮なく予約ができるサロン」を

望まれているお客様には「最高のサロン」になります。

 

 

以上2記事に渡ってご紹介してきました、

「自宅サロンならではのターゲットを決めるポイント」

いかがだったでしょうか?

 

今日のまとめ

 

愛されるサロン、選ばれるサロンはお客様にとって「特別な場所」。

しかしあなたや家族にとっての「自宅」も「特別な場所」

簡単に変える事はできません。

今ある条件が一見悪条件であっても諦めずに考えてみましょう。

逆にその悪条件を「強み」に変えている自宅サロンは沢山あります。

最初に背伸びをせず、お客様もあなたも家族も自然に呼吸ができる場所

を目指しましょう。

 

読んでいただき、ありがとうございます。

齋藤由美

 

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です