カウンセラー・セラピスト・コーチの自宅サロン開業レッスン

いつまでも稼げないカウンセラーと月収10万円を達成するカウンセラーの15の違い

Pocket

 

カウンセラーと名乗りつつもお客さんがいない。お客になってくれる人は友人か、そこからの紹介がポツポツ。

そんなカウンセラーさんは少なくありません。

アメブロなんかを見ても、まったく稼げていない人(せいぜいいい時で月額3万ほど)とコンスタントに10万円ほどは稼げているかなと思う人。とんでもない金額の人という具合に、仕事の内容と稼ぎは想像できる。

 

と言うのは、私の仕事はカウンセラーやセラピスト、コーチなんかを支援するコンサルタントだからである。

あくまで想定ではあるが、月収50万円以上稼いでいる人は、カウンセリングを仕事にしている人の中では1%もいないのではないかと思う。月収10万円でも、おそらくは5%程度だろう。

このように話せば、月収10万円は案外とハードルが高いと感じるかもしれないが、実際のところは少し考え方を変えれば達成することもできる。つまり、月収10万円を達成できるかどうかは、実力や実績はそれほど関係ないということでもある。

では、どんな風に考え方を変えればいいのか?

この記事では、月収10万円を達成している人がどんな考え方をしているのかを紹介する。

ちなみに、私のクライアントには、ビックネームもいるので、ついでにめっちゃ稼いでる人が何を考えているのかも紹介しておくことにする。

 

 

1:環境

 

稼げないカウンセラーは稼がなくてもいい環境にいる、

稼ぐカウンセラーは、環境に左右されず稼ぐと決意している。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは、環境は自分で創るものだと考えている。

 

人は環境に影響を受ける。これは仕方がない。しかし、稼いで人ほど、環境に影響される度合いが少ないと言う傾向にある。

 

 

 

2:お金の稼ぎ方

 

稼げないカウンセラーは、時間を提供してお金を稼ごうとする、

稼ぐカウンセラーは、効果でお金を稼ごうとする。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは、自分の存在そのものがお金を引き寄せると考えている。

 

時給●●円というのは、私たちに染み付いた考え方だ。稼ぐ人は時間ではなく、結果で金額を換算する。ちなみに、めっちゃ稼ぐ人は、生きているだけで莫大な価値があると考えているので、自分の存在そのものを金額に換算している。

 

 

 

3:勉強

 

稼げないカウンセラーはセミナーで勉強をする、

稼ぐカウンセラーは良い本で勉強する。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは、良い本の著者と交流している。

 

稼げないカウンセラーほどセミナーにお金を使っている。稼ぐようになると無料で招待されるので、お金はかからない。

 

 

 

4:営業

 

稼げないカウンセラーは営業をしない、

稼ぐカウンセラーは営業をしている。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは、他人に営業をさせる。

 

営業はお客さんに損をさせる行為ではない。良いサービスの案内をするだけだ。良いサービスを提供し続けると、お客さんの口コミで次のお客さんがやってくるようになる。

 

 

 

5:時間

 

稼げないカウンセラーは仕事ができる時間がないと言う、

稼ぐカウンセラーは仕事時間を捻出する

めっちゃ稼ぐカウンセラーは遊びまで収入につなげる。

 

主婦は時間がない。しかし、稼いでいる主婦カウンセラーは、時間をうまくやりくりしている。もっと稼ぐようになるとリゾート地からのメールでお客さんが殺到するようになる。

 

 

 

6:ブログ

 

稼げないカウンセラーはブログが書けないとこぼす

稼ぐカウンセラーは毎日ブログを書いている

めっちゃ稼ぐカウンセラーは気がついたら何かを配信している

 

ブログを書いて批判を機にする人はブログか書けない。読者を楽しませようとする人は積極的にブログを書くことができる。自分が楽しいので情報を配信しまくっている人は、もっと稼ぐようになる。

 

 

 

7:出版

 

稼げないカウンセラーは出版なんて無理だと思う。

稼ぐカウンセラーは出版できると思う。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは100万部を目指している。

 

知名度を上げるためには出版が近道だ。しかし、多くの人は自分には無理だと考える。稼ぐ人は本を出せるように行動する。すごい稼ぎの人は、自分はミリオンセラー作家だと疑いもしない。

 

 

 

8:料金

 

稼げないカウンセラーは料金を安くする

稼ぐカウンセラーは値上げをする

めっちゃ稼ぐカウンセラーは最初から高額な設定をしている

 

稼げない人ほど料金を安くするとお客さんが喜ぶと考えている。結果、せこいお客さんばかりが集まる。稼ぐ人は、料金を上げる方が満足度が上がることを知っている。それ以上稼ぐ人は、しかるべき人しか申し込めない料金設定流にしている。

 

 

 

9:セッション

 

稼げないカウンセラーはセッションの失敗を恐れる

稼ぐカウンセラーはセッションに失敗はないと考えている。

めっちゃ稼ぐカウンセラーはクライアントを宇宙に連れていく。

 

稼げないカウンセラーはセッションの前から失敗を恐れてマニュアルに頼るか、素人的なお客さんだけを相手にする。稼ぐカウンセラーは、クライアントの状態に合わせて柔軟に対応できる。それ以上稼ぐ人は、クライアントを未知の世界に連れていることをイメージしている。

 

 

10:収入

 

稼げないカウンセラーはまずは少額の収入を目指す、

稼ぐカウンセラーは1。5倍の収入アップを目指す。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは収入を10倍にする方法を考える。

 

稼ぐことができていないカウンセラーは、お金を稼ぐのは難しいと考えている。稼ぐ人は、今の収入から1。5倍や2倍を目指す。しかし、この考えでは単価を上げるなど、新しい発想が生まれにくい。さらに稼ぐカウンセラーは収入を10倍にする方法を考えるので、これまでと全く違った仕事をし始める。

 

 

 

11:人脈

 

稼げないカウンセラーは受講生同士でお茶をする

稼ぐカウンセラーは稼ぐもの同士で情報交換をする。

めっちゃ稼ぐカウンセラーはまったく違う分野の一流と食事をする

 

類は友を呼ぶ。揺がすことができない真実だ。

 

 

 

12:お金の使い方

 

稼げないカウンセラーはお金を使うことを渋る

稼ぐカウンセラーは見た目を意識してお金を自分に投資する。

めっちゃ稼ぐカウンセラーはお金を使うほどお金が入ってくると考えている。

 

お金を使ったら減ると考えるのが、有効な投資をすればリターンがあると考えるのか、出かけたお金が外のお金を連れて戻ってくると考えるのかが大きな違いとなる。

 

 

 

13:仕事観

 

稼げないカウンセラーはカウンセリングが仕事になればいいと考えている

稼ぐカウンセラーは仕事にすると決意している。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは他の仕事なんて考えたこともない

 

仕事は継続する人で積み重ねが生まれる。いろんなことをやるよりも、一つのことに集中することで成果も大きくなる。

 

 

 

14:気づき

 

稼げないカウンセラーは自分の気づきを大切にする

稼ぐカウンセラーはクライアントの気づきを大切にする

めっちゃ稼ぐカウンセラーは他人に与えられた気づきも自分の中にあったと思う。

 

自分に目を向けるのか、相手に目を向けるのか、大いなるものに目を向けるのかが大きな違いとなる。

 

 

 

15:不安

 

稼げないカウンセラーは将来を不安に思う、

稼ぐカウンセラーは不安を克服しようとする。

めっちゃ稼ぐカウンセラーは不安の意味がわからない。

 

もし、破産したらどうなるだろうか?立ち直れないと考える人は不安を持つ。不安を持つから、そうならないように努力をする。しかし、大きく稼ぐ人は、破産してももう一度稼ぐことができると思ってるので、不安に思うことはない。

 

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

あなたはどんなマインドでカウンセリングという仕事をしているでしょうか?

実際、月収10万円のカウンセラーになることも、案外と簡単ではありません。というか、稼ぐことができている人は案外と多くはありません。

しかし、考え方と仕組みを変えれば、誰でも達成することができるということも、経験上、確信があります。

 

現在、月収10万円のカウンセラーになるために、お客さんを集めるサポートをするポータルサイト構築中です。

このサイトでは、集客の仕組みと稼ぐカウンセラーさんの交流の場という稼ぐために必要な2つのことを提供したいと考えています。

 

サイトは、完成次第、先行の案内をします。

先行案内を受け取りたいとお考えの方は、こちらから登録をお願いします。

※画像をクリックすると登録ページにリンクします。

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です