カウンセラー・セラピスト・コーチの自宅サロン開業レッスン

音叉療法~癒しだけではない、周波数のもつパワー~

Pocket

おうちでサロンを開業したい。

自宅でできるセラピーを探している。

 

そんなあなたのために、様々なセラピーをご紹介していく

「セラピーガイドブック」
これまでの記事はこちらです。

・自宅サロンで仕事をしたいと考えている人のための「セラピーガイドブック」

 

・ホットストーンセラピー~石の力で心身ともにリラックス~

 

・フェイシャルリフレクソロジー~足裏だけじゃない、顔にも反射区があるって知っていますか?~

 

・EFT~ツボをタッピングすることで感情を解放していく心理療法テクニック~

 

 

各セラピーの簡単な歴史や施術の方法、

またおうちでセラピーをする場合に必要なことなどを

ご紹介していきますね。

第四回目は、「音叉療法・音叉セラピー」です。

SE_CETuners

SomaEnergetics™ のHPから画像をお借りしました)

1.歴史

もともと音叉とは、楽器の調律をするために1711年にイギリスで発明された精密機械です。

その音叉が治療に使われるようになったのは、フランスの耳鼻咽喉科の医師である

アルフレッド.A.トマテは博士が特定の音の周波数を患者の耳元で鳴らす、

という方法を考案したことがきっかけでした。

トマテ博士はこの療法を使って、聴覚障害や失語症、自閉症など

身体・心理両面から働きかけることに成功しました。

肉体や全ての物質はそれぞれ固有の振動数を持ち、

音叉の振動数に共鳴することで、心身の不調によって乱れてしまった

振動数を元に戻していくとされています。

その後、世界各地にこの療法は広まり、現在では医療機関で

用いられている国もあります。

日本では医療機器というよりは、ヒーリングや心身を癒すための

セラピーとしての側面での広がりを見せています。

 

2.施術の方法

まずカウンセリングで、体の不調や気になっていること、

悩んでいることをクライアントさんから聞きだします。

その内容に合わせた音叉を選び、体の近くで音叉を鳴らしたり、

実際に体の部位に持ち手の部分を当てて鳴らしたりしていきます。

音叉には

・チャクラに対応した音叉

・周波数に対応した音叉

・体の臓器に対応した音叉

・音階に対応した音叉

・色に対応した音叉

など様々な種類の音叉があり、それぞれの用途に合わせて選びます。

3.どんな方にオススメのセラピーなの?

  • 体がだるい、重いと感じている方
  • 不眠や悪夢など睡眠の問題を抱えている方
  • 外傷後ストレス障害(PTSD)のストレスを抱えている方
  • 頭痛や首の痛み、関節炎など体の痛みにお悩みの方
  • エネルギーやチャクラ、オーラなどの調整がしたい方
  • 自然治癒力をUPさせたい方

4.平均的な価格と施術時間

  • 価格 5,000~15,000円
  • 時間 60~120分

5.おうちサロンで施術する場合に必要なもの

  • 音叉
  • 横になって受けて頂く場合はベッド

6.おうちサロンでの施術を考えている方のためのポイント

  • 着衣のまま施術するので、個室さえあれば施術は可能
  • クライアントが抱えているストレスについて話してもらう必要があるのでリラックスできる雰囲気があるとよい
  • 自分のセラピーとの組み合わせ も可能です。

7.代表的な団体・協会など

8.施術を受けた感想とおうちサロンに望むこと

アトピーの治療を行う中で、過去に抑圧してきた感情を解放していくのに

EFTの施術を受けていました。

自分自身で、決められた場所をトントントンと軽くタッピングするだけで

なぜか、同じことを思い出そうとしても以前のようにストレスに感じない!という

体験をした時はとても驚きました。

また、施術を受け終わったあとに、日常生活の中でも

突然のかゆみに襲われた時や、不安で一杯になってしまった時に

自分でも対処ができたことも嬉しかったです。

おうちサロンで施術をしてもらう場合には、何よりも施術者との信頼関係が

必要になりますので、じっくり話を聞いてもらえる場所なんだと思えるような

そんなリラックスした場であるといいなと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です